2007年08月15日

子供とは:2世帯住宅での生活はメリットだけではあり...

2世帯住宅での生活はメリットだけではありません。
メリットがあればデメリットもあるはずである。
2世帯住宅での生活のデメリットをあらかじめ知っておくことにより、より良い生活に向けて、お互いが努力することができるようになる。
お互いを尊重しつつ、助け合いながら生活ができるように、さまざまな2世帯住宅のデメリットを知っておきましょう。


2世帯住宅のメリット-緊急の時その32世帯住宅に住むことは、親世代にとってもメリットがいっぱいである。
例えば定年後の長期旅行に行くときでも、家には子供夫婦がいるので防犯面などからも安心である。
また高齢者には大変なちょっとした作業でも、子供世代がいることで助けてもらうことができます。


2世帯住宅のメリット-緊急の時その22世帯住宅で同居している親世代は急な子供の病気などのときはほんとうに助かります。
今までの経験から冷静に対応してくれますので、経験の浅い子供世代にとっては本当にありがたい存在である。
また上の子が入院しなくてはいけなくなった時などには、下の子の面倒を診てもらうことができますので、これも非常に助かります。


2世帯住宅のデメリット-プライバシーの確保その12世帯住宅での生活は、その住宅の構造にもよりますが、多くの共有スペースが存在します。
このため個人のプライバシーを確保できるようなスペースが少ないということも問題となる。
建築時にきちんと盛り込んでおいたほうがいいかもしれません。


関連情報はここから⇒     
posted by y at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 2世帯住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51468130

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。