2007年08月28日

これとは:2世帯住宅のデメリット-金銭問題その3親...

2世帯住宅のデメリット-金銭問題その3親世代の収入、子世代の収入を考えた上で、それぞれの経費についてどちらが負担をするかを明確にしておくことが一番である。
例えば家にいる時間が長い親世代が水道光熱費を負担して、それ以外の食費などは子世代が負担するなどを決めておくといいでしょう。
金銭問題は身内でももめます。
あらかじめきちんとした対応をしておくことが大切である。


2世帯住宅のデメリット-生活スタイルの違いその2リタイア生活を謳歌している親世代に生活スタイルは基本的に早寝早起きである。
実はこの生活スタイルが人間にとっては一番理想的なのであるが、サラリーマンの子世代にはそのような生活はしたくても出来ません。
ゆっくりと食事を摂る親世代に対して、慌しく食べて出勤する子世代。
これでは楽しい食事は難しいである。


2世帯住宅のデメリット-プライバシーの確保その32世帯住宅の生活を快適なものにするためには、お互いのプライバシーを尊重してあげることが大切である。
肉親ではあるけれども、個々人として尊重をすることで、簡単にプライバシーを侵すことはなくなると思いる。
無関心が一番よくありません。
まずはきちんと思いやることが大切である。


2世帯住宅のメリット-資金面その32世帯住宅に同居することで得られるものは他にもあります。
2世帯住宅で一緒に住むことによって、経済的な負担を減らすこともできます。
これは2世帯で共有して使うスペースなどの費用や、日常の生活費などを分担することができます。
これにより随分と経済的にも余裕ができます。


関連情報はここから⇒     
posted by y at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 2世帯住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。