2007年09月15日

親世代とは:2世帯住宅に親世代、子世代が一緒に住むこ...

2世帯住宅に親世代、子世代が一緒に住むことで、さまざまな相乗効果を得られると思いる。
これらの相乗効果は、普段の生活の中のさまざまな場面で感じることになるでしょう。
子世代にとって、自分が親になって初めて分かる、両親のありがたさを再認識することになるので、親子の絆も深まります。


2世帯住宅に住むことで親世代も介護の心配などをせずに、のんびり生活することができます。
生涯元気でいられることが一番であるが、ちょっとした病気などで入院などをしても、献身的に介護してくれる子世代が側にいてくれることは心強いことである。
またかわいい孫とつねに一緒に生活できることで、気持ちに張り合いが出てきます。


2世帯住宅には日中は基本的に親世代が過ごすことになる。
子育て中のお母さんも、日中つねに親世代がいるわけであるから、何かあっても安心して子育てができます。
孤独になりがちな子育てについて、これほど強力なサポーターはいません。
また子供を預けて外出することも、2世帯住宅では気兼ねなくできますので、育児疲れを解消することも可能となる。


2世帯住宅での生活はメリットだけではありません。
メリットがあればデメリットもあるはずである。
2世帯住宅での生活のデメリットをあらかじめ知っておくことにより、より良い生活に向けて、お互いが努力することができるようになる。
お互いを尊重しつつ、助け合いながら生活ができるように、さまざまな2世帯住宅のデメリットを知っておきましょう。


関連情報はここから⇒     
posted by y at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 2世帯住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55454243

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。