2007年09月20日

デメリットとは:2世帯住宅のデメリット-金銭問題その3親...

2世帯住宅のデメリット-金銭問題その3親世代の収入、子世代の収入を考えた上で、それぞれの経費についてどちらが負担をするかを明確にしておくことが一番である。
例えば家にいる時間が長い親世代が水道光熱費を負担して、それ以外の食費などは子世代が負担するなどを決めておくといいでしょう。
金銭問題は身内でももめます。
あらかじめきちんとした対応をしておくことが大切である。


2世帯住宅に親世代、子世代が一緒に住むことで、さまざまな相乗効果を得られると思いる。
これらの相乗効果は、普段の生活の中のさまざまな場面で感じることになるでしょう。
子世代にとって、自分が親になって初めて分かる、両親のありがたさを再認識することになるので、親子の絆も深まります。


2世帯住宅での生活はメリットだけではありません。
メリットがあればデメリットもあるはずである。
2世帯住宅での生活のデメリットをあらかじめ知っておくことにより、より良い生活に向けて、お互いが努力することができるようになる。
お互いを尊重しつつ、助け合いながら生活ができるように、さまざまな2世帯住宅のデメリットを知っておきましょう。


関連情報はここから⇒     
posted by y at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 2世帯住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56257060

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。