2007年09月23日

2とは:2世帯住宅のデメリット-生活スタイルの違...

2世帯住宅のデメリット-生活スタイルの違いその12世帯住宅に生活をしているのだから、食事ぐらいは一緒に食べたいと思うのは当然のことかもしれません。
しかし親世代と子世代の生活のリズムは、全くといって良いほど違っている。
これは親世代が定年退職をしていて、子世代がバリバリのサラリーマンなら尚更である。


2世帯住宅のデメリット-親子間の甘えその32世帯住宅での生活では、親子という関係を良い方向へ向かわせる努力が何よりも必要となる。
そして甘えを感じたら、それはいけないことだということを、きちんと話し合うことが大切になると思いる。
親子なのであるから、分かり合うことはできるはずである。


2世帯住宅に親世代、子世代が一緒に住むことで、さまざまな相乗効果を得られると思いる。
これらの相乗効果は、普段の生活の中のさまざまな場面で感じることになるでしょう。
子世代にとって、自分が親になって初めて分かる、両親のありがたさを再認識することになるので、親子の絆も深まります。


2世帯住宅のメリットとしてはどんなものがあるのでしょうか?資金面のほかに、孫の面倒を見てくれるとか、さまざまなメリットがあると思いる。
いくら血のつながった親子だからといっても、メリットを感じることができなければ2世帯住宅での生活は難しいかもしれません。
2世帯住宅のメリットを紹介しましょう。


関連情報はここから⇒     
posted by y at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 2世帯住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56770128

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。