2007年09月26日

2とは:2世帯住宅のデメリット-生活スタイルの違...

2世帯住宅のデメリット-生活スタイルの違いその12世帯住宅に生活をしているのだから、食事ぐらいは一緒に食べたいと思うのは当然のことかもしれません。
しかし親世代と子世代の生活のリズムは、全くといって良いほど違っている。
これは親世代が定年退職をしていて、子世代がバリバリのサラリーマンなら尚更である。


2世帯住宅のメリット-緊急の時その12世帯住宅に住んでいると、緊急な出来事、例えば病気や怪我などに見舞われても、身内が一緒に住んでいるので、安心して家を空けることができます。
また子供が急に熱を出してしまったときなどにも、経験豊富な母親の存在はとてもありがたく感じるはずである。


マスオさんは気負わずに生活をしている印象があります。
そして義理の両親に対しては敬語を使いながら、仕事帰りに飲みに行くなどの接し方をしている。
一方磯野一家も、マスオさんの立場を考えながら、磯野一家の一員として温かく迎えている。
お互いのプライバシーを尊重した上で、最適な距離感で生活していると思いる。


2世帯住宅のメリット-安心感その32世帯住宅に親世代と住むことで、子供や孫はさまざまな経験や知識を吸収することが出来ます。
子育てや料理の知識はもちろんであるが、自分が親になってはじめて分かる両親の考え方なども出てくると思いる。


関連情報はここから⇒   
posted by y at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 2世帯住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/57334041

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。