2007年11月22日

親とは:2世帯住宅は親世代、子世代にとってお互い...

2世帯住宅は親世代、子世代にとってお互いにメリットがあるものとなる。
ただしこれもお互いが適度な距離感を保っていればこそ出来ることであるので、お互いが干渉しすぎるのも問題があります。
親夫婦と子夫婦にはきちんとしたプライバシーがあることもきちんと理解していかなければ、2世帯住宅での生活は上手くいきません。


2世帯住宅のデメリット-親子間の甘えその32世帯住宅での生活では、親子という関係を良い方向へ向かわせる努力が何よりも必要となる。
そして甘えを感じたら、それはいけないことだということを、きちんと話し合うことが大切になると思いる。
親子なのであるから、分かり合うことはできるはずである。


2世帯住宅は、親世代にとっても子世代にとっても、非常にメリットのある生活スタイルだと思いる。
お互いに協力し合うことで、今までの生活よりも2倍、3倍、4倍にもなる快適な生活を送ることができます。
最初は試行錯誤の連続になると思いるが、快適な2世帯住宅生活を送れるようにお互い努力をしていきましょう。

2世帯住宅のデメリット-親子間の甘えその2親子間の甘えが、次第に依存心に変わってくると良くない方向へ進みだします。
例えば娘夫婦との同居の場合、親がいるのをいいことに、家事や育児を親に押し付けるなんてことも考えられます。
また親も娘のやることにいちいち注文をつけるなどの子ども扱いをしがちである。
これではお互いに上手くいきません。


関連情報はここから⇒     
posted by y at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 2世帯住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。